読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たに見つかった乳揺れ異常アイドル

概要

 乳揺れしないはずの貧乳モデルのアイドル、服部瞳子・和久井留美・有浦柑奈において乳揺れが観測された。

 また、服部瞳子・和久井留美の2名と有浦柑奈とでは乳揺れの大きさに差があり、乳揺れのパラメータとしてオン・オフの2値ではなく、乳の揺れやすさの段階がある可能性が高いことが判明した。

 乳揺れの有無を観測しやすい設定は30fps、映像フィルタノーマル、アクロス・ザ・スターズ衣装、ショコラ・ティアラの前奏のラストで頭の上にハートマークを作るポーズである。

 前回記事の、普乳モデルなのに揺れないアイドル(松尾千鶴・栗原ネネ)や、本記事の3名については、不具合である蓋然性が高く、修正が予想される。乳揺れマニア・イレギュラーマニア各位においては早めの鑑賞・録画をお勧めしたい。

 

---追記

 本稿執筆後、野々村そらを引いたので確認したところ、普乳モデルにも関わらず乳揺れしないアイドルであることが確認できた。

 2016/09/19 0300時点で、未所持のため乳揺れ異常を確認出来ていないアイドルは佐藤心・瀬名詩織・桐生つかさ・遊佐こずえの4名である。

本文

1.乳揺れ異常キャラについて

 キャラバン最終日(執筆を始めたのは9/18晩)にもなって今更という感じではあるが、服部瞳子に乳揺れ異常が見つかったので報告しておきたい。

 キャラバンでの先行配布Rとしてデレステに初実装された服部瞳子であるが、彼女は169cm 48kg、スリーサイズが78/57/80、推定カップサイズもアンダーとの差10.62cm、堂々たるAカップであり、フェチにとってはたまらない高身長スレンダーアイドルである。

 筆者もキャラバン当日に手に入れてMV鑑賞をしていたのだが、何を血迷ったのか乳モデル2、揺れ異常0の逆鯖アイドルとして分類してしまったのである。正しくは乳モデル1の貧乳モデル、揺れ異常1であった。揺れ異常1というのは本来揺れないサイズであるにもかかわらず乳揺れが観測される場合の値(筆者が決めた独自の値)である。

 この事実に驚愕した筆者は、貧乳モデル・無乳モデルのアイドル全員を再確認し、和久井留美・有浦柑奈両名もまた、貧乳モデルであるにもかかわらず乳揺れが観測されることを発見した。

 

2.乳揺れの大きさについて

2.1 揺れを観測するにあたり

 筆者はこれまで乳揺れ確認用に「Rockin' Emotion」を使用していた。しかし再確認にあたり、この曲では一度揺れを観測していたはずの服部瞳子ですら揺れを確認する事が難しく、いくつか別の心当たりの曲を当たった。結果、「ショコラ・ティアラ」の、前奏のラストで頭の上にハートマークを作るポーズの時に大きな揺れポイントがあり、曲開始からの時間も短く最適解の1つではないかという結論に達した。

 また、筆者は映像フィルタは通常「ソフト」に設定しているのだが、乳揺れ確認用には「ノーマル」の方がくっきり見える分確認がしやすかった。fps設定については以前の記事でも触れたとおり、30fpsの方が揺れを確認しやすいことに変わりはなかった。

 衣装については、1周年で新しく追加された「アクロス・ザ・スター」の方が、当初よりあったデフォルト衣装「スターリースカイ・ブライト」よりも揺れの確認がしやすかった。デフォルト衣装では、主に胸部にカモメの形に入った白いラインで揺れを確認していたのだが、新衣装では胸部に縦や横に多数のラインが入っており、乳の変形や揺れを細かく検知できるからである。

 

2.2 揺れの大きさについて

 身長が高いアイドルから順に確認していったのだが、服部瞳子・和久井留美に比べて有浦柑奈の揺れは非常に分かりやすく、つねにぷるぷるとやわらかそうに大きく(貧乳モデルではあるが)揺れていた。

 そこで乳揺れの大きさに差があるのではないかと仮説を立て、色々な曲のMVでこの三者の乳揺れを見比べた結果、乳揺れの大きさに差がある事を確信した。

 既に修正されているが、以前このblogでも取り上げた、貧乳モデルにもかかわらず乳揺れをしていた3名のアイドル(藤居朋・村松さくら・氏家むつみ)は、有浦柑奈よりもさらに揺れが(不自然な程に)大きかったように思う。(残念ながら録画などの客観的資料がないので記憶違いの可能性も充分にある)

 同じく以前本blogで取り上げた、「及川雫は他の巨乳アイドルよりも大きく乳が揺れる」説も本件と同じように、他のアイドルよりも揺れる設定がしてあった可能性を指摘できる。

 

3. 本件(乳揺れ異常)が不具合である蓋然性 

 本Blogの最初の記事は非常に話題となり、筆者も気をよくして暫くの間アクセスログを見るのが楽しみであった。その時に企業用の某SNSサイトからのアクセスが少数ながら見られた。その時は企業用SNSにこのようなばかばかしいBlogへのリンクを張るとは、どんな暇な企業なのだと訝しんだものだ。

 ところが最近、別のゲーム関係でデレステの開発元であるCygamesがその社内用SNSを利用しているとの話を聞き、前述のアクセスはCygamesからのであった蓋然性が高いと判断できた。

 そのアクセスから暫く(2週間程度)すると、本Blogで指摘した乳揺れ異常が全て修正されていた事実から鑑みても、本Blogの記事で不具合を知ったCygamesが修正を施したという予想が全くの的外れとは言えないであろう。

 

 このような事を取り上げて何がいいたいかというと、服部瞳子・和久井留美・有浦柑奈の3名の乳揺れは素晴らしいので、見られなくなる前にぜひとも自分で見るべきだ、ということである。服部瞳子・和久井留美両名は170cm近い高身長スレンダー貧乳という素晴らしい特性を持っており、揺れ幅は小さいながら、いや小さいからこそその揺れを確認したときの喜びは大きいはずである。一方、有浦柑奈は揺れ幅が大きく、確認自体は比較的容易ではあるが、通常は揺れない貧乳モデルが自然に揺れる様は非常に美しく、見る価値は大いにあるという事を筆者は保証する。

 鑑賞の際は、筆者が検証に用いた「ショコラ・ティアラ」だけではなく、ぜひ各個人のフェイヴァリットソングでの鑑賞をお勧めしたい。与えられた乳揺れよりは、自分で発見した乳揺れの方が喜びは圧倒的に大きいからだ。